現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

新着情報RSS

2013年09月06日
「抗がん剤の服用を止めてください。しばらく様子を見ましょう」 
「抗がん剤の服用を止めてください。しばらく様子を見ましょう」 
4月19日の夕方、主治医の先生からこうお電話をいただきました。
「やったー!奇跡が起きた!」本当にそんな気持でした。
実はこの日の血液検査で数値が大幅に下がり先生は大変驚かれ「この数値だったら抗がん剤を少し減らしてみましょう」ということになりました。が その日の夕方、減らすのではなく「抗がん剤をストップしてください」というお電話をいただいたのです。ほかの先生方とも相談された結果この数値では抗がん剤は必要なしということでこのようなお電話をくださったようです。
約3年半飲み続けていた抗がん剤を飲まなくてよくなったのです。信じられませんでした。私の病気“骨髄増殖性腫瘍”は治る病気ではなく白血病への移行なども含め10年での生存率は30%と言われていました。また服用している抗がん剤もそれに拍車をかける危険性もあるともいわれていました。
今年の3月8日の検査で抗がん剤を服用しているにもかかわらず血小板数が1248と正常範囲上限の3.6倍となり大変不安になっていた折、実弟から「ものすごいサプリメントがあって、多くの体験談によると人によっては驚くほどすぐに効果が出ているらしい、試しに送るから飲んでください。」とケイ素濃縮溶液が送られてきました。早速私は水、コーヒーほか何にでも数滴から20滴くらい入れ飲み始めました。
こうして飲み始めて5日目が検査の日でした、血小板数が前回1248だったのが1047に減少していました。「ケイ素パワーかもしれない!でも飲みはじめてまだ5日、いくらなんでも違うかな? 次の検査ではっきりするはず、喜ぶのはそれから」とケイ素を飲み続けながら期待とちょっぴり不安な気持で検査日を待ちました。
そして4月19日の検査日、ケイ素を飲み始めて26日目、奇跡が起きました!
血小板数が507に減少、そればかりか白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板クリットなどが正常範囲内になったのです。(別紙検査結果コピーの通り)
あれから2ヶ月、抗がん剤も血圧の薬も飲まずまた中性脂肪も減るというおまけ(?)もついて体調はとてもよく毎月1回の検査はまだ続くようですが自分ではすっかり健康になれた気がしています。
神様、そしてケイ素を勧め送ってくれた弟に本当に感謝しています。
そして今では 一人でも多くの方に私の体験をお伝えすることが私のこれからの使命かなとも思っています。検査日に診察室の前で多くの方を見るにつけ、この方たちに教えてあげられたらいいのに・・・きっと私のように奇跡が起こり健康を取り戻せるかもしれまないと思わずにいられません。病気の経過などを時々ブログに書いていますがご質問などありましたら直接メールにてお受けしたいと思います。             
(有)ウェルカム トゥ ジャパン
代表取締役    藤川 ふさ子
                      fujikawa@wtj.co.jp
追記
体験談を書いてからさらに2ヶ月がたちましたがおかげさまで体調も変わらず良好で、血圧も120前後で安定し、体重もケイ素を飲み始めてから5ヶ月で6キロと健康的に落とせて万々歳です。すべてのことで本当にケイ素に助けられたとあらためて日々感謝の思いを強くしています。

最新の検査までの結果を時系列でご覧下さい。
「検査時系列情報」にある略語は以下の通りです
WBC (白血球)
Hb  (ヘモグロビン)
PLT (血小板数)
LDH (乳酸脱水素酵素)




  

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です